積水ハウス「老害」和田会長を放逐

「詐欺事件」の責任を押し付け合う会長と社長が怒鳴り合い。52歳の新社長抜擢の真相。

2018年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

積水ハウスは2月1日付で社長が交代した。仲井嘉浩取締役常務執行役員(52)が社長に昇格し、阿部俊則社長(66)が代表権のある会長に就いた。社長、会長を計20年務めた最高実力者の和田勇会長兼最高経営責任者(CEO、76)は取締役相談役に退き、4月の株主総会後には取締役も退任する。阿部氏が2008年に就任して以来、10年ぶりの社長交代。経営陣の若返りと説明したが、実は今回の社長交代は和田氏に対する阿部氏のクーデターである。住宅メーカー業界では昨年の早い段階から「積水ハウスの社長交代」が噂になっていた。ただしその中身が違う。和田氏は会長を続投、阿部氏が退任し、社長には今回、副会長に就任した稲垣士郎副社長兼CFOが昇格するとみられていた。積水ハウスは昨年、東京都品川区の土地約2千㎡の取引で代金70億円の大半をだまし取られた。その責任をとらせ阿部氏を退任に追い込むのが和田 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。