日銀「米くしゃみ一発」で金縛り

安倍に株高継続を期待され続投が決まった黒田に早くも試練。金融緩和の微調整を棚上げし、改めてリフレ派の装いに。

2018年3月号 BUSINESS [出口政策など見果てぬ夢]

  • はてなブックマークに追加

金融関係者の間では「戌年は笑う」はずだったのに、という自嘲の声が聞かれる。年末の日経平均株価は3万円。ニューヨーク・ダウは3万ドル。そんな予想が闊歩していたのに、2月中旬時点の話題は「調整」か「本格下落の始まり」かである。米国株の変調に、2期目の続投が固まった黒田東彦総裁の率いる日銀も、いよいよ金融緩和からの出口が遠くなる。株式市場の楽観が終わったのは2月2日。この日発表された1月の米雇用統計で、平均時給が前年比2.9%の伸びを記録したからだ。市場の予想は2.3%の伸び。思わぬ時給の増加に、市場参加者は忌み言葉を思い出した。インフレである。年初から売りが先行していた債券市場で、まず雪崩が起きた。指標となる10年物米国債の利回りは2.8%台に上昇した。債券王の異名をとるビル・グロス氏が節目としていた2.6%をはるかに上回り、利回りは3%をうかがう勢いとなった。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。