金融庁「ポスト森」は氷見野金融国際審議官

2018年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

森信親金融庁長官(1980年旧大蔵省入省)の後釜は、本命の遠藤俊英監督局長(82年入省)ではなく、氷見野良三金融国際審議官(83年入省)に、事実上決まった。「監督局長になって長官に昇格」が、金融庁の不文律であり、歴代長官はいずれも監督局長から栄進しているが、森長官は全く意に介さない。審議官から金融国際審議官に昇進した氷見野氏は局長経験がない。そもそも金融国際審議官は財務省の財務官に相当する「上がりポスト」であり、「長官待ちポスト」ではなかった。ところが、森長官が長期(3年)政権となり、3年後輩の氷見野氏が本命に浮上した。それを決定づけたのは、1月中旬に開催された地方銀行と第2地方銀行の両協会との意見交換会だった。両協会に属する頭取が勢ぞろいする前で、森長官は、現下の金融庁が抱える最大の課題である検査・監督の見直しについて「その考え方は、このあと氷見 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。