全日空が困惑「羽田ターミナル分裂」問題

2018年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東京の玄関・羽田空港をめぐり、小さいながらも重大な懸念が生じている。2020年の国際線増便に伴い、乗降客が空港内を右往左往する羽目になる可能性があるのだ。そして、そのババを引かされたのがANAホールディングス(全日空)である。 日本は「大観光時代」を迎えつつある。17年の外国人訪日客は過去最高の2869万人で、政府が目標に掲げる20年の4千万人を視界に捉えた。国土交通省はこれを踏まえ、20年3月からの羽田の国際線の大幅増便を決定。滑走路の使い方や飛行経路を工夫することで、国際線の発着回数を現在の1.7倍の約9.9万回に引き上げる。1日当たり52便も増える計算だ。 しかし、発着回数や乗降客が増えても、搭乗手続きを行ったり、飲食や買い物をしたりするターミナルが増えるわけではない。このため、国交省は現在の国際線ターミナル(20年以降は「第3ターミナル」に改称)に加え、2つある ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。