「適温」の終焉と三匹の熊

2018年3月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

どうやら株式の「ゴルディロックス相場」が終わったらしい。名の由来は英国の童話で、金髪少女が三匹の熊の留守宅に入りこむと、熱い粥、ぬるい粥、冷めた粥が食卓にあって、どの粥を選ぶか――これは行動経済学の領分だ。人はどっちつかずが好きで、松竹梅なら竹、投票でもアンケートでも両極端は嫌われる。少女もぬるい粥をすすった。そこから可もなく不可もない「適温」をゴルディロックス(金goldと巻き毛lockの合成語)と呼ぶようになった。イエレンFRB議長が去った。ぬるい粥をゆっくり温めるように利上げを微速前進させてきたが、“劇薬”好きのトランプ大統領とは肌が合わず1期で交代。市場は嵐を予感した。法人税減税と巨額インフラ投資の大号令を、「適温」どころか、放漫財政の兆しとみたのだ。パウエル新議長に、いきなり長期金利上昇と株価急落の往復ビンタ。童話では三匹の熊が帰ってきたら、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。