詐称参与去っても新「郭爆弾」

三十六計逃げるにしかず。とはいえ経産省などに余波。意気軒高の郭文貴は新たな暴露予言。

2018年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

中国の政商兼スパイだった郭文貴との関係は全面否定したものの、ブログで「ITの世界に魅了され、追求する中で医師の道を中途で断念したというエピソードを披露することを繰り返すうちに、事実と異なる経歴を語ってしまったことは私の過ちでした」と経歴詐称を認めた政府参与、齋藤ウィリアム浩幸の「余震」はまだ続いている。辞任の決断は早かった。本誌が齋藤氏にキャピトル東急のオリガミで直接面談したのが12月11日。それで観念したのか、翌12日には内閣府参与の辞表を提出、15日には経済産業省参与、19日には米有力セキュリティ企業パロアルトネットワークスの日本法人副会長、22日には日本航空の非常勤執行役員も退任した。21日には先に引用したブログを流して謝罪した。その間の16日土曜には東京・内幸町で開かれた政策分析ネットワーク主催のシンポにパネリストとして出席、冒頭、「設立した社団 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。