安倍の狙いは「今夏改憲発議」

今年は、憲法を軸に次々と政局が動く。その後の政治日程が混みこみだからだ。

2018年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相は1月4日、伊勢神宮参拝後の年頭会見で「今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示する」と述べ、今年中の改憲発議に強い意欲を示した。発議のタイムリミットは衆参両院の3分の2の議席を改憲勢力が占める2019年7月の参院選まで。「19年4月30日天皇退位・5月1日改元」が決定したことで、19年1月下旬~3月は予算審議、4月は統一地方選、5月は新元号移行と重要日程が続き、国会で改憲を発議する時間的余裕はなくなった。首相悲願の改憲を成就させるには今年中に発議するほかない。選択肢は二つ。①1月召集の通常国会を7~8月まで延長して発議し、9月の自民党総裁選をまたいで10~12月に国民投票②9月の自民党総裁選で3選を果たした後、10月召集の臨時国会で発議し、12月~翌19年1月に国民投票――のどちらかだ(発議から国民投票までは60~180日間あけることが法律で決められている)。首相官邸は「勝 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。