黒すぎる岸和田「再選挙」の舞台裏

告発者の背後を報じたメディアは皆無。アンタッチャブルな土地柄そのものだからか。

2018年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

大阪南部にある岸和田市は「だんじり祭り」と「岸和田競輪」で知られる人口20万弱の地方都市――。昨年11月26日に行われた市長選で再選を果たした現職がその翌27日、元支援者から4年前の初当選時に「自民党推薦」を得るために200万円の現ナマを、地元選出の衆院議員に渡したと暴露された。12月26日付で辞職に追い込まれたが、2月4日に行われる再選挙に出直すという。「市長に裏切られた。もう任せられない」との批判がある一方で、元支援者の暴露は、何が何でも市長を引きずり下ろす「自爆テロ」と囁かれる。そこには市政に食い込む地元建設業者の思惑が絡んでいるようだ。まずは事の発端、昨年11月の市長選を振り返る。現職の信貴(しぎ)芳則市長(56)が約3万2千票を獲得、自民推薦の西田武史元市議(52)に大差をつけ再選された。ところが、翌朝、信貴市長を「岸和田市長、自民関係者に現金預ける」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。