「5選妄執」高橋北海道知事が馬脚

一部の記者を排除し、前代未聞の緊急記者会見。ホンネは権力の座に居続けたい。

2018年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

昨年11月21日朝、北海道の政財界関係者はさぞかし驚き、戸惑ったに違いない。日本の女性知事「最長不倒」の4期目を務めている高橋はるみ(64)の去就について、新聞2紙が相反する「特ダネ」を報じたからだ。部数首座の北海道新聞(以下、道新)は1面トップの大見出しで「高橋知事 5選不出馬」。他方、2位の読売新聞は北海道版の社会面で「高橋知事 5選へ意欲」と打った。次の北海道知事選は、統一地方選がある2019年4月。任期を約1年半も残したこのタイミングで、現職の進退をめぐる記事が出ること自体、異例の早さだ。しかも、有力2紙が同じ日に真逆のニュースを流したのだから、不可解この上ない。現地で複数の関係者に当たると、「北の大地」を騒がせた珍事の真相がわかってきた。

読売の古参記者に「懇願」

道新の記事は、高橋が「8月以降、複数の経済人や道庁関係者らに『後進に譲りたい』と伝えた」というもの。さらに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。