中部空港島の展示場に仏版「黒船」

五輪一時閉鎖のビッグサイトの「後釜」を狙う。運営権売却に日仏連合が勝って風穴が空く。

2018年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

3日間で50万人が集まる巨大イベント「コミケ」(コミックマーケット)の会場、東京ビッグサイト(東京国際展示場)が、2020年東京五輪でプレスセンターとして20カ月間も利用が制限されるため、愛知県がその“後釜”を狙った国際展示場(19年秋開業)を、常滑沖の中部国際空港島に建設する。展示面積は6万㎡とビッグサイトの8万㎡に次ぐ広さ。柱がなくライブ会場に使える1万㎡のホールと、五つに間仕切りできる5万㎡の展示場の二つで構成され、建設事業者はすでに16年10月、竹中工務店が341億円で落札している。ウリは「国際空港直結」と「東京五輪前年に開業」だが、もう一つは展示場の運営を民間に任せる運営権売却(コンセッション)がキモ。大村秀章知事は全国に先駆けて県内有料道路8路線のコンセッションを実施、16年10月から前田建設を中心とするグループの共同出資会社が運営を開始した。これで得 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。