日産が組織的「リコール飛ばし」

「再来年の車検と同時実施なら車検代を3万円値引きします」と、ディーラーがそそのかす「リコール先送り」。

2018年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「あざとい」とは、かかる輩のことを指すのだろう。120万台のリコール(無償回収・修理)が発生した日産自動車の無資格検査問題――。日産はリコール対象車を所有する顧客に点検作業を促すため、8万円分の新車割引クーポンを配布するという。低迷するリコール実施率の向上が目的との触れ込みだが、おためごかしもいいところだ。腰低くリコール対応を呼び掛けるのは、日産の「表の顔」に過ぎない。裏では、リコールなど1円の儲けにもならないとばかり、1年も2年も先送りさせる「リコール飛ばし」を、顧客にそそのかしているのだから、開いた口が塞がらない。

リコール先送りが「お得!」

千葉県内に住む30代の男性会社員A氏は、2016年6月に購入した日産のミニバン「セレナ」がリコール対象となった。無資格検査問題が発覚した17年10月、ディーラーから「準備が整い次第、リコールを案内する」という手紙が届いたが、その後は音沙汰な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。