「3党合流」の足かせ細野豪志、希望を離党か

2018年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

昨秋の衆院選で立憲民主党、希望の党、無所属の3陣営に分裂した民進党。代表の大塚耕平(58)は「大きな塊にならないと総選挙で選択してもらえない。野党の結束は義務だ」と立憲・希望両党に国会での統一会派の結成を申し入れたが、昨年末からの協議は難航している。再結集を阻む元凶は希望「チャーターメンバー」、中でも元環境相の細野豪志(46)の存在だ。「希望の党の全部とは絶対にダメだ」。昨年12月20日に開いた民進の両院議員懇談会で、民進を離党して希望の結成に参加した「チャーターメンバー」への強い不信の声が上がった。立憲は代表の枝野幸男(53)が「結党の経緯から言って希望との統一会派はあり得ない」と強気の姿勢を崩していない。2党に統一会派結成を申し入れても結局、希望のみと組むかどうかの議論になると目に見えており、党内から反発が相次いだのだった。昨年9月の衆院解散直 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。