そして誰もいなくなる

2018年2月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ネタバレでも構わない映画がある。ミステリー『オリエント急行殺人事件』は誰もがオチを知っている。リメーク版は名探偵ポワロをシェークスピア俳優ケネス・ブラナーが演じていたが、懐かしの老優競演は見て楽しめばいい。が、トランプ大統領は暴露本の「ネタバレ」に耐えられない。元首席戦略官で袂を分かったスティーブ・バノンに、ロシアゲートで愛娘イバンカの夫やジュニアが「売国的」と批判されたくだりがあるからだ。情報源のバノンを「職も正気も失った」とツイートで罵倒した。バノンは一時「影の大統領」と言われ、トランプに極右(オルト・ライト)の排外政策を注入する首魁だった。ホワイトハウスを離れても「外から大統領を応援する」としていたが、12月のアラバマ州上院補選で、肩入れする共和党候補が敗れ、不和が表面化したらしい。バノンのスポンサーだった富豪ロバート・マーサーまで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。