警察ネット傍受で誰もが「丸裸」

法改正で当局に強権。デバイスもクラウドも、令状なしの照会で、会話からSNS、映像まですべて筒抜け。

2018年1月号 POLITICS [プライバシー破り放題]

  • はてなブックマークに追加

タダほど怖いものはない――。必要なものを得るには、それなりの対価を支払わなければ、後で、逆に高い請求が来て、後悔することになるという古来よりの“教え”である。インターネット上で提供されている通話やメール、検索エンジン利用や位置情報の提供といったサービスがそれに当たる。グーグル、フェイスブック(FB)、LINE、ツイッターといった「プラットフォームの巨人」は、ネット広告業者でもあり、我々がタダで使用する対価として彼らに与える個人情報を、フル活用して効果的なマイクロターゲティング広告を打っている。その結果、民主主義が危機的状況を迎えていることを、本誌は前号で「ネット広告『ロシアゲート』」と題して警告した。ロシア政府に近いとされる団体が、「トランプ優位」の世論操作をSNSなどを使って行ったとして、グーグル、FB、ツイッターの経営幹部が議会で締め上げられた。

LINEメールが「証拠や!」

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。