「人づくり革命」でっち上げ三人衆

今井︱新原︱太田が仕組んだ巧妙な「劇場型政策」。一握りの官僚の思惑が国を動かす。

2018年1月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

安倍政権が12月8日に閣議決定した「人づくり革命」。柱となる幼児教育や高等教育無償化は、消費税10%に増税した際の税収を当て込んだものだ。元々これは借金まみれの社会保障関連費の穴埋めに回すもの。「革命」の実態は、現役世代への負担軽減で生じたツケを、未来の子供たちに押しつける手法の焼き直しに他ならない。何の議論もなく、10月の衆院選で突如として安倍晋三首相がぶち上げたまま、2兆円の政策パッケージが既成事実化した背景を探ると、「無償化」の美名の影で蠢動する官僚たちの姿が見えてくる。浮かび上がるのは、政党のチェック機能が働かない中、一握りの役人の思惑が国の意思決定に直結する新たな「官僚主導」の姿だ。衆院選大勝の余韻もさめやらぬ10月27日。「人生100年時代構想会議」と銘打ち、安倍政権は教育無償化に関する議論を本格化させた。首相は公約に掲げた2兆円規模の政策 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。