急成長「ラクサス」児玉社長のすねに傷

2018年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「月々6800円払うだけで憧れのブランドバッグが無期限で使い放題」。広島発のベンチャー企業「ラクサス・テクノロジーズ」は斬新なサービスでマスメディアに頻繁に登場し、2017年10月には第12回ニッポン新事業創出大賞で最優秀賞の「経済産業大臣賞」も受賞した「シェアリングエコノミー」の有望株だ。すでに丸井グループと資本・業務提携を結んだほか、独立系ベンチャーキャピタル(VC)の「WiL」やメガバンク系VC、IT系VCなどが総額16億円を出資しており、監査法人にはトーマツが就任。「最短で2年後の上場を目指して主幹事証券の選定を進めている」(VC関係者)という。11月に日経の「NEXTユニコーン」108社の1社にも選出された。しかし、地元の信用調査マンは「ラクサス社長の児玉昇司氏(40)にはよからぬ風評がある。本当に上場できるのか」と疑問を呈する。実は児玉氏は06年8月にラクサスを設立 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。