北の体制崩壊に怯える習近平

「火星15」発射で、北朝鮮有事の先延ばしはもう限界。その衝撃に中国は耐えられるか。

2018年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮情勢の緊迫が、中国国家主席の習近平(共産党総書記を兼務)をじわじわと瀬戸際に追い詰めている。2017年11月29日未明、北朝鮮は米国の首都ワシントンを射程に入れた新型ICBM(大陸間弾道弾)「火星15」の発射実験を強行。打ち上げに立ち会った朝鮮労働党委員長の金正恩は「核武力完成の歴史的な大業、ミサイル強国の偉業が実現した」と高らかに宣言した。米大統領のドナルド・トランプが、これに激怒したのは言うまでもない。トランプは同日のうちに習に電話をかけ、中国が石油供給の停止を含む「あらゆる手段」で北朝鮮に圧力をかけるよう迫った。習はそれに何と答えたのか、具体的な言葉は報じられていない。だが翌11月30日、トランプ政権は中国を「市場経済国」に認定しないことをWTO(世界貿易機関)に通知したと発表した。このことは、習がトランプの求めに首を縦に振らなかったことを暗示 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。