「スマートデイズ」がオーナーに家賃減額通知

2018年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融庁が11月に公表した「平成29事務年度 金融行政方針」には、地銀による過熱気味の不動産業向け融資、なかでもアパート・マンション向け融資について警鐘を鳴らす一節がある。「将来的な賃貸物件の需要見込み、金利上昇や空室・賃料低下リスク等を借り手に十分説明できているかなどについて、引き続き対話を行う」――。不動産バブルの再燃を警戒する金融当局の強いメッセージが伝わる内容だ。ある地銀関係者からは「不動産向け融資は、踏み続けてきたアクセルを今後抑えなければいけない」との声も。この方針が公表される約2週間前の10月下旬、あるシェアハウス業者が関係者に宛てた文書には、こうした動きを窺わせる内容が盛り込まれていた。その業者の名は、スマートデイズ(東京・中央)。社名を聞いてピンと来る読者は少ないはず。一般には旧社名のスマートライフ、女性専用シェアハウスのブランド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。