中国の「シェア自転車」が米国でも好評博す

2018年1月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国のベンチャー「摩拝単車(モバイク)」などのシェア自転車サービスが17年秋、米首都ワシントンで始まった。携帯電話でアプリを立ち上げると、地図上に近くで使える自転車が表示される。自転車のハンドル近くに記された2次元コードを読み取れば、施錠が外れ、30分あたり1ドルで乗り回せる仕組み。利用後は好きな場所に乗り捨てできる。ワシントンで認可を受けたのは、この「モバイク」とカリフォルニアの「ライムバイクス」など5社。アプリの地図上で配車を依頼する「UBER(ウーバー)」などの自転車版とも言え、サービス・モノを「貸したい人」と「借りたい人」を結びつける「シェアリング事業」に慣れたユーザーに好評を博している。モバイクと言えば、日本では「自転車の乗り捨てが混乱を招く」といった否定的な論調が目立つ。だが、世界中で同一のアプリを使い、自転車を乗り捨てできる便利さは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。