トヨタ「側近人事」でCFO解任

就任わずか9カ月で、豊田社長の「傳役」が取って代わる。屋台骨を支える要職なのに。

2018年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車が2017年11月28日に発表した18年1月1日付の役員人事で、永田理副社長兼CFO(最高財務責任者)(60)と、配下の専務で経理本部長の大竹哲也氏(57)が、2人同時に退任することに驚きの声が上がっている。副社長が、就任からわずか9カ月で退任することや、経理・財務部門のトップとナンバー2が同時に退くことは、これまでのトヨタでは、ありえないことだからだ。まず、永田氏の退任については事実上の解任だ。トヨタ関係者の多くが、「収益源である北米事業の凋落の詰め腹を切らされた」とみる。現在、トヨタの北米事業は苦戦している。17年4~9月期中間決算で北米地区の営業利益は前年同期比54%減の1446億円に減少した。業績悪化の要因は六つある。①値引きのための販売奨励金が増えた②中古車価格が下落した③市場の変化に合わせた商品戦略ができていない④収益性の高い「レクサス」の販売が落 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。