「国家戦略特区」罪深き八田座長

岩盤規制突破が笑わせる。9割超のWGで委員出席は半数以下。恣意的議事のやり放題。

2018年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「この方を辞めさせてはどうか」「この方が議論を悪い方向に誘導している」民進党から無所属の会に転じた篠原孝衆院議員は11月28日の衆院予算委員会で、首相のオトモダチへの便宜供与と騒がれた獣医学部新設問題を取り上げ、国家戦略特区諮問会議の議員とその下部組織のワーキンググループ(WG)座長を兼務する八田達夫アジア成長研究所所長(大阪大学名誉教授)の解任を梶山弘志地方創生相に迫った。問題にしたのは、八田座長のWG運営の強引なやり方である。いわく「適当な人を呼んで都合の悪い議論は公開しない」「推進する人の意見を聞いて既成事実化し、突然、上の会議に諮る」などなどだ。 そもそも民間有識者委員9人によるWGがお粗末だ。2016年度のWG会合開催は延べ60日に及ぶが、出席者半数に満たない4人以下の会合が56日、1人か2人での会合も21日あった(日経グローカル誌11月20日号)という。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。