経団連「榊原隠し」トホホの遷座

東レの検査データ隠しで面目丸つぶれ。新会長の「日立・中西」の前倒しで、老兵は去りゆく。

2018年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

いやしくも「財界総理」の名が泣く――経団連史上、これほど屈辱を味わった現役会長はまずいないだろう。トホホ第1幕――榊原定征(さだゆき)会長(東レ相談役)は11月27日、定例会見で「三菱マテリアルのグループ企業において検査データの改竄が明らかになったことは極めて残念である。日本を代表する大企業で不祥事が続いており、日本の製造業への信頼に影響を及ぼしかねない深刻な事態」と述べ、「危機意識を持ち、初心に戻って信頼を回復していかなければならない」と語った。その午後である。大手町の経団連ビル会長室を、古巣の東レ役員がこっそり訪れた。東レ子会社の東レハイブリッドコード(THC)で検査データ改竄があったことを週刊文春が取材中で、近々記事が出るかもしれませんと予告に来たのだ。文春の質問状に東レは改竄を認めていた。が、榊原にどう対処すべきかを助言した形跡はない。榊原 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。