皇室ねじ伏せた安倍

皇室・宮内庁と一部のメディアの「独走」にへそを曲げた首相官邸。「5月即位・改元」の日取りに、正当性は何もない。

2018年1月号 POLITICS [新帝「メーデー即位」の真相]

  • はてなブックマークに追加

「これは第3次長州戦争だ」今の皇室と政権の関係を、あるベテラン皇室ジャーナリストはこう表現する。山口県出身の安倍晋三首相を長州藩主、安倍官邸を長州藩に見立てた比喩である。どういう意味か。少し歴史をおさらいしよう。昔の歴史教科書では、朝廷側から見て第1次長州征伐(1864年)とか第2次長州征討(1866年)と呼んでいた幕末史を画する内戦である。戦ったのは幕府軍と長州軍だが、そもそもは長州藩が京都市中で挙兵した禁門の変(蛤御門の変)に孝明天皇が激怒し、長州藩主の毛利敬親・定広父子を服罪させるため徳川将軍家に追討の勅令を出した。第1次戦争は長州藩が降伏したが、第2次戦争は幕府軍が敗れ、これを境に幕府は瓦解へ向かい、長州藩は倒幕・維新への第一歩を踏み出す。第2次長征から150年の2016年8月、天皇陛下がビデオ・メッセージで国民に直接述べた生前退位のお気持ち表明は、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。