「喧嘩腰」のカムバック術

2018年1月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

懐かしいマイケル・ジャクソンの「スリラー」の映像にそっくり。蝙蝠の舞う薄暮の墓場、ゾンビが這いだして歌いだすのが、プラチナ・ブロンドに白い肌と真っ赤な唇――人形のようなテイラー・スウィフトの“なれの果て”だ。線維筋痛症で活動を休止したレディー・ガガに代わって、いまや次世代ポップスターの女王だが、新アルバム「レピュテーション」では、SNSで散々叩かれたお嬢様イメージをかなぐり捨てて、アバズレ女の喧嘩腰を見せる。8年前のMTV授賞式で、お騒がせ黒人ラッパーに揶揄されて以来、すっかりブリっ子の烙印を押された鬱憤を晴らすかのように、Look what you made me do(見てよ、こんなマネを私にさせて)、Call it what you want(好きなように呼ぶがいい)と歌詞まで凄んでいる。ふーむ。エレキのビートといい、映像のリミックスといい、ヒップホップの手法そのもの。「スリラー」もど ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。