朝日新聞が年収640万円の「65歳定年制」

2017年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞はこの10月1日から、60歳だった定年を65歳に延長した。60歳を超えた標準的な社員の年収水準は640万円程度と、前制度下の60歳超のシニア(嘱託)より約140万円の増額となる。日本新聞協会加盟紙で65歳定年に踏み切ったのは、山陽新聞(岡山県)、東奥日報(青森県、65歳に向け段階的移行の途中)に次いで3社目。全国紙では初めての取り組みだ。高齢化社会への移行が急速に進む中、今後、定年を60歳から延長する新聞社が増えそうだ。会社側は2016年1月、60歳未満の社員の年収を平均約160万円減額することを柱とする人事・給与制度改革案と、65歳への定年延長案を抱き合わせで組合側に提示、17年4月の導入を目指すと表明した。給与の削減は100億円規模を想定、「持続可能な経営基盤を確保し、新たな事業領域に乗り出す原資を生み出すため」と説明した。一方、定年延長の狙いは人手不足の解消にある ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。