金融庁「森独裁」に「キンドル砲」炸裂

現役幹部と思しき人物が森長官をこき下ろす「暴露本」(電子書籍)を売りに出す異常事態。

2017年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

首相官邸の覚えがめでたく異例の3期目に突入した金融庁の森信親長官――。菅義偉官房長官の「懐刀」として信頼が厚く、「黒田日銀総裁が続投しなかった場合、森長官の抜擢もあり得る」と囁かれるほどの大物だ。その一方で「森独裁」の歪みとストレスが庁内に溜まっており、とんでもない事態が続出している。その一つが、毎事業年度の実績を振り返り、当局の問題意識を示す「金融レポート」の公表が1カ月半も遅れ、10月25日になったこと。金融関係者が注目する重要文書だけに「何があったのか」と物議を醸した。事の発端は、事前に「全文」を入手したロイター通信の9月6日のスクープ報道だった。

ロイターを「誤報」にしろ!

森長官は「どうなっているんだ!」と怒鳴り散らし、机上の電話を部下に投げつけたそうだ。重要文書とはいえ、数日後に公表される内容だから、怒りは収まると思いきや……そうは問屋が卸さなかった。総務企画局 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。