「橋下場外乱闘」大阪でも落ち目の維新の会

2017年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

橋下徹前代表(48、前大阪市長)の政界引退宣言後はじめて「橋下抜き」の衆院選を戦った日本維新の会は、小池百合子代表(東京都知事)の希望の党との連携が仇となり、14議席を11議席に減らす手痛い敗北を喫した。牙城の大阪で次々討ち死にしたのが痛い。全19選挙区のうち議席を獲得できたのは、選挙区3、比例復活4の合計わずか7。15議席を得た自民党の半ばにも及ばず、立憲民主党と2議席しか違わない。他陣営からは「大阪でも維新の異常人気が終わった」と安堵の溜息が洩れる。貧すれば鈍する。意気消沈の維新に内紛が勃発した。逆風の中で3期連続当選を果たしたばかりの丸山穂高議員(33、大阪19区)がツイッターで「どう考えても維新は総括と代表選が必要」と呟いたのに橋下氏が激怒。「お前が勝てたのは松井さんが知事をやっているからだ。代表選を求めるにも言い方があるやろ。ボケ!」と口汚く噛 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。