北朝鮮「核」にプーチン腹案

「核は当面容認、ミサイル凍結」と引き換えに経済制裁解除。米中二極化を牽制し、日本含め多極化をめざす。

2017年12月号 GLOBAL [東アジア二極化にクサビ]

  • はてなブックマークに追加

ここにきて、プーチン・ロシアの北朝鮮核・ミサイル問題の打開に向けて積極関与の動きが顕著である。2017年10月20~21日、モスクワで核不拡散問題に関する国際会議が開かれた。ここに北朝鮮外務省北米局の崔善姫(チェ・ソンヒ)局長が招待された。同会合には米オバマ前政権の国務省次官を務めたウェンディー・シャーマンも参加し、崔善姫局長ともモスクワで会談した模様である。実は、崔善姫局長のモスクワ訪問はこの1カ月の間で2回目。9月29日にはモスクワでロシア外務省関係者と会談を行っている。筆者はこの国際会議の直前の10月16~19日、ソチで行われたロシア大統領府が事実上主催する国際会議「ヴァルダイ・クラブ」年次会合に参加した。この会合で登壇したあるロシア政府高官によれば、崔善姫局長の1回目の訪ロに先立つ9月11日、ジョセフ・ユン米国務省北朝鮮問題全権代表がモスクワを訪問した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。