他人事でない「ロヒンギャ問題」

大量難民問題でのスー・チー氏に対する欧州の非難は、すでに日本に向けられ始めている。

2017年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「9月10日ごろ、治安部隊が村に来て若い男を全員連れていった。みんな殺されました。私のいとこ2人も。それぞれ子どもが5、6人いるのに」群馬県館林市で家族と暮らすロヒンギャ男性は声を詰まらせる。孫2人を抱えて逃げ、隣国バングラデシュにたどりついた伯母からの電話で知った。彼も20年前にミャンマーを逃れて以来、農場があるラカイン州の故郷に一度も戻れていない。多くの村が火を付けられて焼かれた。親戚や知人の消息を求め奔走し、在日ミャンマー大使館前の抗議にも参加した。「スー・チーさんには軍を抑える力はない。なぜ日本政府はミャンマー政府に働きかけられないのか」ミャンマー国内では8月下旬以降、数百人のロヒンギャが治安部隊に殺され、60万人以上の難民が発生し、治安部隊によるレイプや村の焼き打ちが行われている――。国連や人権団体の報告で「21世紀最悪の虐殺」(Newsweek誌) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。