西尾市「PFI事業見直し」が闇試合に

2017年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

総額198億円のPFI事業を推進していた愛知県西尾市。今年6月の選挙で事業見直しを掲げる中村健市長が当選、事業見直しに乗り出した。だが秋に入り事態は二転三転、一段と混迷が深まっている。本誌11月号(「『自共結託』西尾市PFI潰しの代償」)で詳報したとおり、西尾市では1市3町の合併で過剰となった公共施設を再整備するため、昨年6月、民間資金を活用するPFI事業を発注。これに反対する中村新市長は当選後、8月9日の市議会全員協議会で事業見直しを正式に表明、公共施設の建設工事などを受注した特定目的会社(SPC)のエリアプラン西尾と見直し協議を行っていた。協議では当初、市長選挙の際にPFI潰しで自民党系議員と共産党議員をつないだ市職員組合幹部のY氏を中心に据え、事業検証プロジェクトチーム(PT)を設置。SPC側も協議に応じる姿勢を示した。だがY氏らPTはPFI事業に関して素人で、具体的 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。