米欧「緩め引き締め」継続の公算

米国も欧州も利上げに思いのほか慎重だ。金利差拡大で円高圧力が弱まる隙に金融緩和を調整したかった日銀には誤算だ。

2017年12月号 BUSINESS [出口政策考]

  • はてなブックマークに追加

「You are fired!(お前はクビだ)」。ドナルド・トランプ米大統領が就任前に司会役を務め、人気を博したテレビ番組「The Apprentice」。日本語で言えば「見習い」だが、仕事を見つけようする応募者たちに難題を吹っ掛け、眼鏡にかなわなければ次々と落第を言い渡す。よもやそのバラエティー番組と同じ手法で米連邦準備制度理事会(FRB)議長を選ぼうとは1年前に誰が想像しただろうか。だが、その「まさか」は、現実のものとなった。指名候補者となったジェローム・パウエルFRB理事、ジョン・テイラー・スタンフォード大学教授、そして現職のジャネット・イエレンFRB議長をもホワイトハウスに招き、直接面接し首実検する。しかもその選考過程では、候補者の名前をメディアに知らせ、連日のニュースになるように仕向ける。狙いはひとつ。次期FRB議長に大統領の力を見せつけ、トランプの刻印を刻むことで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。