ジャパンディスプレイ消えた「750億円」

昨年12月に「有機ELの開発」を目的に産業革新機構から調達した750億円が借金の穴埋めに使われた疑いが浮上。

2017年12月号 BUSINESS [焦げ付く「血税2750億円」]

  • はてなブックマークに追加

日の丸液晶メーカー、ジャパンディスプレイ(JDI)のガバナンスに重大な疑義がある。2016年12月に「有機ELの開発」を目的に産業革新機構から調達した750億円が本来の目的ではない「運転資金」として使われた疑いがあるのだ。産業革新機構の資金は事実上の血税。それが借金の穴埋めに使われたとすれば、上場企業としてあるまじき行為である。問題の750億円は16年の12月21日、JDIが産業革新機構を割当先に発行した450億円の無担保転換社債型新株予約権付社債と、同じく産業革新機構から調達した300億円の劣後特約付借入だ。JDIの有価証券報告書を読むと、450億円の社債は「調達した資金を印刷方式OLED(筆者注:有機EL)の研究開発費用に充当」し、300億円の借入資金は「資金を蒸着方式OLEDの研究開発費用として充当しております」と明記してある。アップルが今話題のスマホ「iPhoneX(テン)」で有機ELの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。