日産検査問題は「西川下ろし」

リストラに遭いくすぶる社内勢力が、役所と息を合わせ首脳を揺さぶる。いずれゴーンも責任を問われることになるだろう。

2017年12月号 BUSINESS [トップに現場が意趣返し]

  • はてなブックマークに追加

日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)西川(さいかわ)廣人は11月8日、2018年3月期決算の営業利益の見通しが、期初予想から400億円下がって6450億円になると発表した。日産では同年9月、道路運送車両法に基づく通達に反して、無資格者が完成車の検査をしていたことが発覚し、国内市場向けの出荷を停止。これにより、販売台数が落ち込み、リコール費用が増えるために減益となる。日産の利益水準から考えて、400億円の減益は大勢に影響はないが、無資格者による検査はブランドイメージを大きく傷つけ、「信頼回復」には時間がかかる可能性がある。また日産は国内メーカーでは先陣を切って、EV(電気自動車)や自動運転に力を入れ、先進性をアピールしているが、こうした動きにも水を差すのは確実だ。決算の発表と同時に西川は8日までに国内全6工場を再稼働したことも明らかにした。日産は第三者委員会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。