「トランプ接待」ゴルフの卑屈

2017年12月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

う~む、いくら「オモテナシ」精神と言っても、一国の総理がゴルフ場のカートまで運転するとは。日米親密を演出する首脳ゴルフ。2月の返礼に、トランプ大統領を横に乗せ、自らカートのハンドルを握る安倍首相が映った。11月5日、横田基地で日本を「宝のようなパートナー」と持ち上げた賓客を、日本で最初の36ホールを設置した川越の名門ゴルフ場へ。2020年東京五輪の会場だから、ゴルフ大好きの客人を迎えて涙ぐましい接待ぶりである。北朝鮮の脅威に対し「核の傘」の頼もしい助っ人に安堵したいのは分かるが、得たものは「最大限の圧力」の口先サービスだけ。しっかり武器購入を迫るあたり、商売人トランプの正体見たりだが、鷹揚に快諾する属国根性も情けない。共同会見の作り笑顔も、長女イバンカ来日やメラニア・昭恵の銀ブラも「遮眼帯」か。元慰安婦と面会させ、38度線訪問のサプライズまで演出し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。