孫正義が本田宗一郎になる日

ソフトバンクがつくろうとしているのはスマホのような車。情報ネットワークにつながって地域のお年寄りを自動運転で運ぶ。

2017年11月号 BUSINESS [人に寄り添う車づくり]

  • はてなブックマークに追加

ソフトバンクグループが着々と自動車産業への参入を進めている。自動運転車をネットワークにつながる「デバイス」として位置付ける戦略で、スマートフォンを通じて各種サービスを提供していく手法を、クルマの世界にも応用していく。同グループ会長兼社長の孫正義は2017年7月に開催された法人顧客向けイベントでも「産業を再定義していく」と強調。そのスコープの中には「自動車」も入っている。15年時点で全世界における自動車の保有台数は約13億台。これが動く「デバイス」化によって、自動車産業のビジネスモデルは激変する。孫がオイルマネーなどを取り込んで設立した「10兆円ファンド」は、自動車分野も重要なターゲットだ。約3兆3千億円で買収した英半導体設計大手のアーム・ホールディングスも今後、自動車向け半導体を強化する方針だ。

「田舎こそ」自動運転の需要有り

自動車ビジネス強化にあたって、中核の一つとなっている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。