ビットコイン「バレた」分裂の旨味

米中の意見対立で窮地に陥ったと思いきや、株式分割と同じ理屈で保有者はホクホク。

2017年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

仮想通貨「ビットコイン」をめぐるドタバタが加速している。中でも8月の分裂騒ぎは、インターネット時代の新世代通貨が、まだまだよちよち歩きの段階であり、綱渡りの運営であることを思い知らされた。8月1日、ビットコインは、「ビットコイン(BTC)」と「ビットコインキャッシュ(BCC)」に分裂した。原因は、ビットコインを実質的に牛耳る組織や人々の意見対立にある。中央集権的な通貨制度とは真逆の、民主的な分散体制の管理・運用が特徴と言われるビットコインだが、実はコア開発者(主に米国勢)やマイナー(計算処理業者、主に中国勢)などの中心的な人物や組織が運用に深く関与し、影響力を行使している。8月の分裂は、処理能力向上を図ろうとする技術論の対立が根本的要因だが、米国勢と中国勢の利害が対立する中で、将来的な利益の最大化を目論むドロドロとした欲がぶつかり、マグマのように ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。