文革化する習近平「反腐敗運動」

失脚した孫政才の罪状に「職務怠慢」。19大後、中国は再びイデオロギーに傾斜する。

2017年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

10月18日、中国共産党の第19回全国代表大会(19大)が北京の人民大会堂で開幕した。5年に1度の党大会は、今後5年間の中国を率いる指導部を決める最重要会議である。現最高指導者の習近平(国家主席兼党総書記)は留任するが、事実上の最高意思決定機関である中央政治局常務委員会のメンバー(7人)は、過半数が入れ替わる予定だ。会期は約1週間とみられ、10月24日前後には新指導部の顔ぶれが判明する。中央常務委員の人選は現指導部が勝手に行うのではない。まず、党大会で中央委員会委員(約200人)を選出し、その後に開かれる中央委員会全体会議(1中全会)で中央常務委員を決めるという手順を踏む。19大開幕まで3週間に迫った9月29日、会議に出席する代表の最終名簿が公表された。それを見たチャイナ・ウオッチャーは一様に首を傾げた。定数は2300人なのに、名簿上の人数は13人足りない2287人だった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。