みずほの愚策「Jデビット」戦略

4月からレジで現金を引き出せるサービスが始まるのに加入店舗はほぼ皆無。旗振り役のみずほは真っ青。

2017年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

来年4月から、日本国内で新しい金融サービスが始まるのをご存じだろうか。「キャッシュアウトサービス」と呼ばれるもので、スーパーマーケットやコンビニエンスストアのレジから現金を引き出せるサービスだ。銀行のキャッシュカードに付帯されているデビットカード機能(銀行口座と紐付いた即時決済)を利用し、例えばスーパーで買い物のついでに会計のレジから1万円の現金を引き出すことができるようになる。デビットカードが普及する欧米では古くから日常的に使われているサービスで、日本でも今年4月に規制が緩和され、サービス展開が可能になった。一見すると便利そうに思えるサービスだが、「サービスを開始したところで、利用できる店舗がほとんどない状況に陥りそうだ」と、関係者は肝を冷やしている。それもそのはず。肝心の小売店側がまったく乗り気でないからだ。キャッシュアウトサービスを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。