「勝ち馬総選挙」財政破綻へ一直線

野党は完全に「バラマキ」態勢。「いまなら大勝ち」との首相の野心が生んだ財政危機。本当の国難に立ち向かう政治家なし。

2017年11月号 BUSINESS [財政赤字が発散]

  • はてなブックマークに追加

この政局を睨んでいたのだろうか。日本国債の破綻リスクへの備えである「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」のプレミアム(保険料)が、8月以降、一本調子で上昇しだした。プレミアムはそれまで20ベーシスポイント台半ばで推移していたが、小池新党と民進党の合流が伝えられた9月下旬には40ベーシスポイント強に跳ね上がった。CDSは一種の保険商品で、日本国債を保有している投資家が、元利払いの滞ったときの備えとして購入する。プレミアムつまり一定の保険料を支払うことで、万が一の際も相手方の金融機関から、元利払いの相当額を払ってもらえる。日本国債の信用が落ちれば、保険料も上昇するので、CDSのプレミアムは財政リスクのカナリアのようなものである。1ベーシスポイントとは元本の0・01%のこと。40ベーシスポイントといっても0・40%に過ぎない。なーんだ、と思われるかもしれない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。