小池都知事「文科行政リセット」宣言の衝撃

2017年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

 衆院選で台風の目となっている小池百合子都知事の発言で、文科省に衝撃が走っている。「文部科学行政こそ、まさにリセットすべきだ」。9月28日、小池が日本記者クラブでの講演で、スローガンにしている「リセット」の矛先を文科省に向けたのだ。会場で聞いていた全国紙記者は「穏やかな口調だったが、ただならぬ殺気を漂わせていた」と漏らす。小池の怒りに火をつけたのは、文科省が若者の東京一極集中是正に向け、8月に発表した東京23区内の私立大などの定員増加禁止と大学設置禁止の告示案だ。小池は文科省に乗り込み林芳正文科相に方針撤回の直談判も試みたが一蹴され、その怒りが小池の「文科行政リセット」発言につながった。なお、定員抑制告示はほぼ原案通り、9月29日に告示されたが、小池は再び「到底納得できない。人こそ資源の我が国の国益を損なう」とのコメントを出し、気炎を吐いた。定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。