「eSIM」へ舵切ったフリーテル

楽天の「救済買収」は近視眼。格安スマホの雄がサブブランドの荒らすMVNOに見切り。

2017年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

9月26日、楽天が格安スマートフォン(スマホ)のフリーテル「買収」を発表した。日本経済新聞やIT系メディアは、格安スマホ事業者の契約数4位の楽天が6位のフリーテルの一部事業を買うことから、700社近くあるMVNO(仮想移動体通信事業者)業界初の大型買収劇とみて「業界再編劇の始まり」と大きく報じた。まるでフリーテルが楽天に吸収されたかのような書きぶりだが、実は端末製造・販売から通信サービスまで全方位で手がけるフリーテルの事業から、データ通信部分だけを切り出して楽天に売却するもの。楽天によると、買収実施後も「FREETEL」ブランドはそのまま継続するとしている。買収額は約5億2千万円とされるが、30億9千万円の負債も楽天が引き継ぐため実質は約36億円の買い物である。フリーテルの契約数は43万弱なので、1ユーザーあたり約8千円で獲得した格好だ。「大量に広告を出すY!モバイル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。