主なき宿と成りぬとも

2017年11月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

京女(きょうおんな)に東男(あずまおとこ)という。今は逆で、東女に京男らしい。左のリベラルを切り捨て、東女の「希望の党」に乗り換えた京男の賭けが、「吉」と出るか「凶」と出るか、本誌締め切りは間に合わないが、有権者の心も日替わりで揺れ動く。玉くしげ箱根の水海(みうみ)けけれあれや二くにかけて中にたゆたふ。三代将軍、源実朝の歌だが、昔の東言葉は「心」を「けけれ」と訛っていたらしい。芦ノ湖を遠望して、細波(さざなみ)の立つに「心はあるか」と問い、血で血を洗う武家政権の内訌に、薄氷の身を嘆じたかに聞こえる。刺客ばやりの総選挙だから、現代だってそう変わらない。不倫や暴言、疑惑を抱えた手負いの“猛獣”たちが、土下座し絶叫し最後は涙を流して「不徳の致すところ」と頭を下げるのを、誰もが待ち構えて舌なめずりしている。残酷なものだ。安倍対小池に、「排除」組が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。