豊洲で崖っぷち「万葉倶楽部」の裏

82歳の老事業家が墓園事業で訴訟沙汰。「千客万来」と小田原駅東口開発で背伸びの咎。

2017年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

小池百合子都知事の「小池劇場」は豊洲から幕を開けた。石原慎太郎元都知事や「都議会のドン」の内田茂・前自民党都連幹事長らを攻撃、豊洲市場への移転を阻止する小池氏は人気を博したが、移転延期のあおりを食った“被害者”は少なくない。市場内に建設される千客万来施設を受注した万葉倶楽部(神奈川県小田原市)は、その右代表と声を大にする。2016年3月、事業者に決定し17年1月には着工しているハズだった。が、18年に飲食物販棟、19年に温泉付きホテルを開業する計画がいったん宙に浮いたうえ、「築地は守る、豊洲は活かす」という小池氏の新方針のもと、見直しを余儀なくされている。「築地に食のテーマパークを作ることになり、万葉倶楽部が『話が違う』と反発している。確かに築地と豊洲は指呼の間。同じような施設ができたのでは集客に影響する」(東京都関係者)万葉倶楽部は総事業費180億円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。