安倍友「TBS山口敬之」のXデー

10月末に審査員6人が交代。10月22日の衆院補選投開票前に検察審査会議決も。

2017年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

10月22日投開票の衆院3選挙区補欠選挙は、今後の政権運営を左右する。与党関係者は、安倍政権礼賛本を出すなどしてきた元TBS記者、山口敬之氏を巡る検察審査会(検審)の議決について「補選前に悪い結果が出れば、逆風が強まる」と気を揉む。議決で捜査への疑念が示されると「総理の太鼓持ち記者をかばい、犯罪をもみ消したのではないか」という疑惑が大きく浮上するからだ。この問題の真相と検審の行方はなおざりにできない。

高輪署に「ちょっと待て」

山口氏は1966年東京生まれ。慶大卒業後、TBSに入り、ロンドン支局や社会部、政治部などに勤務。13年からワシントン支局長を務め、昨年5月退社した(著書『総理』による)。ベテランの政治記者は「麻生副総理兼財務相とまず親しくなり、安倍総理や菅官房長官に食い込んだ。著書で自慢しているように、第1次安倍政権投げ出し(総理辞任)をスクープした。NHKの岩田明子氏、産 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。