公明が嘲笑! 都議会自民・共産の「統一戦線」

2017年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 「小池憎しの自民党は、共産党と一緒になって嫌がらせばかり。いくら何でもやりすぎだ」。公明都議の1人は7月の都議選後を振り返り、第3党に転落した都議会自民党の振る舞いに呆れ顔だ。都民ファーストの会の大勝で「小池1強」になった都議会では、前代未聞の「自共共闘」が罷り通っているからだ。 小池百合子都知事が実質的に率いる「都民ファーストの会」が大勝した7月の東京都議選の後、初の本格的な論戦の場となった都議会臨時会。8月30日の代表質問で、都民ファの木村基成・政調会長代理が築地市場(中央区)の移転問題を巡る都知事の決断を称賛し「高く評価します」というフレーズを連発すると、自民と共産の議席から一斉にヤジが飛んだ。「めちゃくちゃだよ!」「質問しろよ~」――。さながら「小池都政打倒」の統一戦線の反撃だった。 これに対抗する「小池チルドレン」と称される都民ファの新 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。