安倍に神風「再び改憲」

運も実力のうち。北の暴走と民進党の自壊に助けられ、自民党総裁3期9年と憲法改正に挑もうと決意した。

2017年10月号 POLITICS [肥え太る総理の野望]

  • はてなブックマークに追加

「このまま行けば、安倍政権は来年の9月で終わりだと思う。次は石破(茂自民党元幹事長)が90%、岸田(文雄同政調会長)が10%だろう」お盆休みの8月16日夜、安倍晋三首相の最側近で、並の閣僚を優に凌ぐ「陰の権力者」と目される今井尚哉首相政務秘書官が、親しい番記者たちとのオフレコ懇談で、大胆不敵にも「政権の終わり」を競馬の予想屋のように語った。懇談メモは翌日には政界要路に流れ、官邸中枢の内情について疑心暗鬼が広がった。今井氏は、政権失速の分析もあけすけに論じた。「おごりが出てきたのは、自民党総裁任期の3期延長が決まったころからだと思う。党内をうまく抑えるだけで9年できるというふうになってしまった。本当に何かをやろうと思ったら、民意をしっかり問うという迫力がなければダメだ。私は、(昨年)1月4日に国会を召集して衆参ダブル選挙ができるようにして、伊勢志摩サ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。