朝鮮総連「建国祝賀」を中国がボイコット

2017年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射と核開発を加速させている北朝鮮は9月9日、建国記念日を迎え、平壌は祝賀ムード一色に包まれた。その前夜、在日本朝鮮人総連合会(総連)中央本部の入る東京・千代田区の朝鮮中央会館でも、建国69周年祝賀会が開かれた。当日の会場周辺は警視庁が厳戒態勢を敷き、物々しい雰囲気。中央本部前の通りには機動隊の大型警備車両10台あまりが駐車し、車両通行止めとなった。例年とは比較にならぬほどのピリピリした緊張感が漂う中、会場の入り口には許宗萬総連議長と南昇祐、裵眞求、裵益柱、姜秋蓮、呉民学の各副議長など総連指導部のメンバーが並び、出席者と握手して出迎えた。祝賀会冒頭には許議長が登壇。82歳の高齢とは思えぬ張りのある口調で挨拶した。スピーチの中で許議長は、金正恩朝鮮労働党委員長らを殺害する斬首計画を含む「米韓合同作戦計画5015」と8月31日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。