「第二朝鮮戦争」の標的日本

「レッドライン」を越えた金正恩は本気だ。米軍基地の無力化へ高角発射、電磁パルス、SLBMを準備する。

2017年10月号 GLOBAL [大戦はもう始まっている]

  • はてなブックマークに追加

あくまでも冷徹に判断しよう。9月3日、北朝鮮の金正恩が決断した核実験により、私個人は「統一大戦」の幕が切って落とされたと考える。後戻り不可能な「チキンゲーム」は最終ラウンドまでノンストップで爆走する可能性が高い。核実験の第一報に韓国で番組出演中の専門家は「行き着くところまで行った」と嘆いた。今年に入って北朝鮮の軍事挑発による緊張局面は、収束どころかエスカレートするばかりだからである。8月15日、朝鮮人民軍のグアム攻撃計画の報告を受ける場で金正恩(朝鮮労働党委員長)が「米国の今後の動向注視」と発言、収束に向かうかと思った矢先の29日、日本上空を通過して襟裳岬東方沖へ中距離弾道ミサイル(IRBM)火星12号を発射し、第2ラウンドのゴングが鳴った。

正恩が「腹をくくった」サイン

そして5日後には、朝鮮半島での軍事行動は韓国だけが決定できると唱える文在寅・韓国大統領の「韓半島運転者論」を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。