「反腐敗の鬼」王岐山の凋落

親族の不正疑惑が拡散され、信望が急降下。党大会で留任してもレームダックか。

2017年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「王岐山は末期の肝臓がん。余命は長くない」――。9月2日、世界中のチャイナ・ウォッチャーを震撼させる噂がネット上を駆け巡った。王は中国共産党の最高指導部、中央政治局常務委員会のメンバーの一人で、党の汚職調査機関である中央紀律検査委員会のトップ。公式な党内序列は6位だが、実際の影響力は最高指導者の習近平(国家主席兼党総書記)に次ぐナンバー2と言われる大物政治家である。折しも2日前の8月31日、5年に1度の共産党大会(19大)が10月18日に開幕することが発表された直後だった。19大では現職の中央常務委メンバー7人のうち過半数が入れ替わる見込みで、なかでも王が留任するかどうかが重要な焦点の一つになっている。余命幾許もないとの噂が本当なら、次期最高指導部入りは絶望的だ。

「重病説」は否定されたが

しかし9月5日、噂はあっけなく覆された。王が湖南省を視察する様子を、国営放送局の中国中央テレビ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。