経済界もIMFもトランプに見切り

急激な「トランプ離れ」は、リスクの深刻さを物語り、日本政府のへっぴり腰が目立つばかり。

2017年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「匙を投げた」というほかない。医薬品や金融などの世界有数の企業、さらには国際機関によるトランプ米大統領への対応のことだ。急激な「トランプ離れ」はリスクの深刻さを物語り、日本政府のへっぴり腰が目立つばかりだ。発端は8月12日、バージニア州で白人至上主義やネオナチ、極右の団体とそれに反対する人々の衝突だった。極右の参加者が自動車で反対派に突入し、法律事務職の女性が死亡、多数が負傷した。この国内テロを、トランプは「どちらにも責任がある」と言い放ち、「白人至上主義贔屓」を印象付けた。最初に動いたのは、医薬品大手メルクのフレージャー最高経営責任者(CEO)。黒人経営者のフレージャーが「不寛容と極端な思考に対抗する姿勢を見せる責任がある」と、トランプの民間諮問会議「製造業評議会」を辞任すると、他の企業トップらも、それに続いた。トランプはツイッターで「代わ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。